友野富美子牧師按手礼式

Home / お知らせ / お知らせ2017年 / 友野富美子牧師按手礼式

2017年12月4日(月)
西南支区の按手礼式が経堂緑岡教会で執り行われました。当教会の友野富美子伝道師が按手礼を受けられ、正教師(牧師)となられました。西南支区では、友野伝道師の他、3名の方々が按手を受けられました。

≪按手礼(あんしゅれい)≫
日本キリスト教団では、「補教師」を2年以上つとめた後「正教師試験」に合格すると、按手礼を受けて「正教師」となります。
「按手」は先輩正教師が新たに正教師となる人の頭に手を置いて、祈り祝福します。正教師になると、聖礼典(洗礼式、聖餐式)を執り行うことができるようになります。

 

誓約をしている場面です。

 

按手の様子です。

 

友野副牧師が証詞を述べられているところです。