ヨハネの手紙一

Home / 聖書研究 / 新約 / Archive by category "ヨハネの手紙一"
2016年2月03日/10日聖書研究

2016年2月03日/10日聖書研究

ヨハネの手紙一5章6~21節

人間は「からだとこころ」をもって生きています。聖書では、それを神は人間を「土のちりで造り」、「命の息を吹きいれられた」と記しています。からだをもっていることは、人間の有限性、もろさ、弱さを表しています。同時に「こころ」があることは、人がいつでも自由に、応答して生きる人格をさしています。呼べば応える、そのような語りかけ、応える関係は愛の関係です。「愛の反対の言葉は無関心」と言われる通りです。人は神の愛の内に生きる者として造られました。人は愛を強制されることなく、自由に応答する者とされました。自由の中に責任を担って生きること。

しかし、いつしか人はその自由を神と向き合い、応答することではなく、自分を絶対化し、不当に要求し、神から背を向けるあり方をするようになったのです。聖書ではこれを「罪」と言っています。

「罪」という言葉は、もともと「的はずれ」という言葉でした。イエス時代の律法学者たちが陥っていたのは、「正しい」ということゆえに、隣人を忘れた「的はずれ」なあり方でした。それは、律法(習慣・伝統・常識・世間の目)を守っていても、自由に愛をもって隣人と生きるということからすれば、やはり「罪」なのです。「間違いを犯していない」、しかし愛の内に応答して生きてはいないのです。

永遠のいのち

 「イエスがメシア(救い主)であると信じる人は皆、神から生まれた者です」(1節)と記されていました。私たちは、イエス・キリストを通して、神が私たちを愛しておられることを知りました。そして、イエス・キリストの生涯を通して、神の愛に応答して生きるあり方を示されました。死は「罪の結果」だと受け取られてきました。しかし、イエス・キリストを信じて歩むとき、私たちは罪ゆるされ、愛の内に生きる者となります。罪ゆるされて、神と共に永遠に歩むことを「永遠のいのち」と言います。それは、罪の結果の死ではなく、永遠の主のもとにあるあり方なのです。死は希望を断つのではなく、永遠のいのちへとつながるものです。

2016年1月27日聖書研究

2016年1月27日聖書研究

ヨハネの手紙一5章1~5節

神の子どもであること
 「イエスがメシア(救い主)であると信じる人は皆、神から生まれた者です」(1節)。私たちはふだん、自分は親から生まれたと考えています。それはごく当然のことです。ただ、私たちはそうした「自然の営み」の中に「サムシング・グレート」を感じることがあるのではないでしょうか。それは、自分が「自分だけで生きている」ことから、「創られた者」としてある、という思いへの転換です。
 イエス・キリスト自身も、世間から見捨てられ、神にも呪われているとさえ言われた人々のところを訪ね、癒してまわり、そういう人々を弾圧していた当時の宗教者たちと対立しました。十字架に架けられるときにすら、ゆるしと敵を愛する心を示されました。そのようなイエス・キリストのご生涯は、「本当に、この人は神の子だった」という思い、「信仰告白」を与えました。それは、イエス・キリストが示された愛と自己犠牲の生と死において、神の姿があらわされているからです。神は高きにいます方であるのではなく、私たちのところで、ともに生きて働いておられる方なのです。
 そして、イエス・キリスト以外の人間、イエス・キリストを「救い主」と告白する人もまた、「神の子」と呼ばれます。
 「言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」(ヨハネによる福音書1章11~12節)。
 「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実そのとおりです」(ヨハネの手紙一3章1節)。
 それは、私たちに何か特別な能力があるとか、よい人だからということではありません。イエス・キリストを信じることによって、自分が「神から生まれた者」であることを受け入れる。そのことによって、神との新しい関係が始まるのです。神の前に生きようとする生が始まります。それは、イエス・キリストのあり方をまねることでもあります。私たちを縛っているあらゆるもの・思い込みや考え方からの解放のときでもあります。

2016年1月20日聖書研究

2016年1月20日聖書研究

ヨハネの手紙一4章13~21節

とどまること
最初に、新たな確信を与える霊の役割が語られます。ヨハネ文書では、「霊」は慰め主、そして代弁者でありました。ここではわたしたちが神の内にとどまることができるのは、霊の実であるといわれます。「とどまる」という言葉は大変重要な言葉です。「わたしたちが神の内にとどまり、神もわたしたちの内にとどまってくださることがわかる」(13節)、そして「イエスが神の子であることを公に言い表す人はだれでも、神がその人の内にとどまってくださり、その人も神の内にとどまります」(14節)と重ねて語られています。神が私たちの内にあって生きて働いておられることは、私たち自身の力で知ることはできません。それは、神から与えられた力によるものなのです。
神は愛です」(16節)という言葉がかぎになります。続いて、「愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます」と語られます。「とどまる」ことは静的なことなのでしょうか。いつも変わらないことなのでしょうか。とどまることの中身が「神の愛」によって神との関わりから、兄弟姉妹同士への関係へと方向が変えられています。愛にとどまることは、抽象的に同じ状態にあることではありません。逆に、常に変わり続ける人と人との関わりの中で、神の愛を知ろうとすること、神の愛の内にとどまろうとすることなのです。
ヨハネの教会の人々の間にも、不信や疑惑が渦巻いていたかもしれません。しかし、その中で「とどまること」に生きる人々は、愛する者であるがゆえに、愛されていることを知ることができました。そしてそれは、個人として私の内に神がとどまるというのではなく、愛に生きようとする共同体の中に神の愛が示されているのです。
愛の完全は裁きの日における確信を生み出します。それは、「イミタティオ・クリスティ」、キリストに従うということを通して生じるのです。愛の教えはイエスが教えられたことすべての要約であり、縮図です。それは恐れを払い、自ら他者のところへと出向く者となるのです。

2016年1月13日聖書研究

2016年1月13日聖書研究

ヨハネの手紙一4章1~12節

 「どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい」(4:1)。聖書では、「霊」は人間を超えた力のことを指しています。しかし、その霊の中には「神から出た霊」とそうではない霊があります。「確かめなさい」と書かれていますが、どのようにして確かめるのでしょうか。それは「イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊」は、神から出た霊だと言われます。手紙が書かれた教会には、イエス・キリストが肉体をもって地上を歩まれたことを認めない人々がいました。その人たちは、神の子は人間のように痛んだり、悲しんだりしないと考えていたのです。
しかし、聖書が語る驚くべきメッセージは、神の子ご自身が私たちと同じこの肉体をとられたということです。それはまた、私たちが肉体をもち、病気になったり、さまざまな試みにあったり、高齢になって弱さを覚える、そのような一人ひとりであって、まぎれもなく神の子であることを示されたのです。
「愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです」(4:7)。ヨハネ文書には「神の愛」が繰り返し語られています。それがヨハネ福音書、そしてヨハネの手紙の特色のひとつでもあります。ここでは、愛の起源が記されています。愛は神から出たものである、と。愛が神によるものである、それが私たちの信仰の基本的な理解です。もちろん、ここで言われていることは、何か普遍的な真理というようなことではありません。信仰者の共同体は自分たち自身に何かのいさおしがあるというわけではないにも関わらず、神の愛が知らされています。教会は何より神の愛が受け取られ、また受け入れられる真の活動の場なのです。
中村明子 「真珠は貝の生身の傷やクリスマス」
神を見た者はいません。しかしながら、私たちが愛に共に生きようとするとき、そこに神を知る者が生きているのです。

2016年1月06日聖書研究

2016年1月06日聖書研究

ヨハネの手紙一3章11~24節

 ヨハネの手紙一3章1節には「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさいそれは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです」と記されています。そして、その光に照らしだされて、それが兄弟姉妹同士の愛へと波及します。「兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまずきがありません」(2:11)。ここでもう一度、「互いに愛し合うこと、これがあなたがたが初めから聞いている教えだからです」(3:11)と記されます。相互の愛は共同(コイノーニア)の基礎です。「交わり」の原語ですが、ギリシャ語では17節・19回使用されています。「交わり」は 当時の古代ギリシャ語では、商売関係を表す用語であり、共通の利害・パートナーなどの意味合いを持っていました。教会におけるコイノーニアとは、具体的な援助であり、キリストの共有です。実践的で、かつ福音の本質を土台としています。本来のコイノーニアの土台あってこその交わりであることを改めて思わされます。
11節から、著者の視点が共同体内の「交わり」に強調点がはっきりと移ります。カインに対する言及は、いささか図式的で、創世記に書かれている範囲を超えています。教会内の言い伝えのようなものに基づいているのかもしれません。いずれにせよ、殺人を引き起こす「憎しみ」は愛の掟を心にとめることができなくなった結果であることを示そうとしています。「愛すること」はいのちを与えることであり、憎しみはいのちを奪うことです。私たちが生きている社会は「いのちを奪う」現実に覆われています。そうした循環の中で、共同体はいかに歩むことができるのでしょうか。「わたしたちは自分が真理に属していることを知り、神の御前で安心できます。…神は、わたしたちの心よりも大きく、すべてをご存じだからです」(3:19、20)。信頼の根拠は私たちの側にあるのではありません。そうではなくて、「確信」はイエスの道筋についていくことにあるのです。神は私たちの良心や罪悪感、意識よりも大きい方であり、それらをご存じだからです。

2015年12月16日聖書研究

2015年12月16日聖書研究

ヨハネの手紙一3章1~10節

 聖書は神の愛について書かれている、と考えられています。放蕩息子のたとえ(ルカ15:11~32)、あるいは山上の説教など。しかし、実際に「神の愛」そのものを語っている個所は多くはありません。ヨハネ3:16をはじめとして、ヨハネ文書には「神の愛」が繰り返し語られています。それがヨハネ福音書、そしてヨハネの手紙の特色のひとつでもあります。そして新約聖書の福音のメッセージを要約しているということもできます。その「神の愛」は特に教会へと向けられています。信仰者の共同体は自分たち自身に何かのいさおしがないにも関わらず、神の愛が知らされています。教会は何より神の愛が受け取られ、また受け入れられる真の活動の場なのです。
そこでは信仰者は「イエスのことをありのままに見る」と語られます。福音書に記されているように、イエスの弟子たちはイエスの活動を目の前で見ていたのでした。しかし、ヨハネの福音書の語るところによれば、同じ時に生きていた人たちがまさに「イエスのありのままの姿」を見ていたわけではありませんでした。イエスの死後、その復活の出来事を通して彼らはイエスの真の姿を知ったのです。ここで「私たちは彼に似た者になる」という約束が新たにイエスを生前に「見た」ことがない一人ひとりにとっても大きな約束となります。それは神の愛という賜物の結果として、一人ひとりが神の子であることを受け止めるからです。
しかし、そのような者たちの中にも「罪」の問題が明らかにされます。キリストの救いは罪からの清めであり、本当の自由です。罪は神から私たちを遠ざけ、神の子である自由をうばうものです。シャローム、神から与えられた愛と十全な生の充実を知る私たちは、逆にこの社会がいかに多くの不法に満ちているかを知らされている者でもあります。
悪魔は神の働きを無効であるとする力のことでしょう。いつの時代にも「神の前にある」、自由にされている自らよりも信じることから離れる力が働いているのです。

2015年12月9日聖書研究

2015年12月9日聖書研究

ヨハネの手紙一2章1~17節

キリストを信じる者の罪
ヨハネの手紙の著者は、キリストを主と告白する者が罪をおかす存在であることを知っていました。一度の洗礼でその人自身が全き者となるということはないのです。イエス・キリストのことを「弁護者」と呼んでいます。「パラクレートス」という言葉です。公正であり、代弁してくださるイエス・キリストの存在がただ過去のこととしてあるのではなく、今の生活のただなかにも働いておられる、それがこの著者の語ろうとしていることです。
「神の掟」とは、「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」(ヨハネ15:12)のことを指しています。ヨハネⅠ2章では、ヨハネ14章の「パラクレートス」(代弁者)、15章の共同体の愛と対応するように置かれています。教会内の一番大切な事柄であると確認しているのです。「神を知っている」のは、知識によるものではありません。ヨハネⅠの教会では、イエスのわざを観念的にとらえて、人として歩いたその姿を否定する者がありました。「愛すること」は痛みを知っていることであり、自分の身に傷を負うことでした。イエスの歩みはその「極みまで」(ヨハネ13章)、愛する歩みでした。「神の言葉を守る」とは、そのイエスの歩みに従うことをさしています。
「神の掟」は申命記6章5節「あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」、レビ記19章18節「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」と、すでにイスラエルに告げられてきました。しかしイエスにおいて、実際の姿が明らかになったのです。それは「新しい掟」と呼ばれます。ヨハネ共同体に特徴的なことは、「兄弟」間の愛が共同体内部に向けられていることです。教会は大きな危機の中にありました。内部においては、異なる教えとの闘いがあり、外部では「世も世にあるものも、愛してはいけません」(15節)のような闘いがあったのです。「世を愛する」とは、ヨハネで繰り返し語られていたように、イエスを認めない勢力を愛することです。「自分の命を愛する者は…」(ヨハネ12章)のように、永遠を思う姿勢を見いだせない、イエスの救いを見いだせないあり方のことを語っています。

2015年12月2日聖書研究

2015年12月2日聖書研究

ヨハネの手紙一1章1~10節

 ヨハネによる福音書の冒頭部分を下敷きに書かれたものと考えられます。「初めからあったもの」(1節)はヨハネ1:1の「初めに」の書き出しを言い換えています。「聞いたもの、目で見たもの、よく見て、手で触れたもの」福音書では「初め」は原初を表していましたが、この手紙ではキリスト教の起源を語っています。それはイエス・キリスト自身のことです。「命の言」はここにおいて、イエス自身、そしてイエスが語った言葉、もたらされた救いをあらわしています。「言葉は肉となり、私たちの間に宿った」(ヨハネ1:14)のです。
この手紙は自分が実際に見たことを証言し、伝えることが目的だと言います。証しは「原理」ではなく、実際に見たことです。繰り返し「聞いたこと、見たこと」と重ねられるのは抽象的な概念ではなく、具体的な生活に根ざした言葉だからです。
そしてそれは「交わり」を持つためと語られます。「交わり」はギリシア語でコイノーニアです。「わたしたちの交わり」という言葉は水平方向の関わりです。人と人との間の交流です。しかしそれは単なる友愛ではないのです。それは「御父と御子イエス・キリストとの交わり」、すなわち垂直方向の交わりのうちに入れられることです。それはこの交わりによって、私たちが「喜びに満ちあふれるようになる」ためです。これは教会における交わりを言っています。礼拝はまさしくこの「神との交わり」を軸に人々が呼び集められるところで起こるのです。
神との交わりがなぜ喜びに満ちあふれるのか、5節以下で語られます。それは交わりによって、呼び起されるものです。私たちは、救いに入れられた者の集まりが、教会の交わりだと考えます。しかし、人はこの交わりに入れられるからこそ、自分の罪を公に言い表すことができるのです。「自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます」(1:9)。これは、聖餐式式文にあります。聖餐はこの神との交わりなのです。

2015年11月18日聖書研究

2015年11月18日聖書研究

ヨハネの手紙一を読むために

ヨハネによる福音書との関係
ヨハネによる福音書は復活のイエスとの出会いをとても詳細に描き、生前のイエスと歩んだ弟子たちと同じように、今もなお復活のイエスが自分たちと共に歩んでいるという信仰を大切にしています。
神殿崩壊後の危機の時代、律法によって全生活を聖化し、民族としての同一性を保とうとしていたファリサイ派は律法がなにものかにとってかわられるというようなことを容認することは到底できませんでした。ヨハネによる福音書を生みだした共同体は、ユダヤ人社会から排斥されていきます。それに伴い、内と外を厳然として分けて考える考え方が支配的になっています。

執筆事情
そうしたヨハネによる福音書の共同体を引き継いだこの手紙は、外部との軋轢のみならず、内部の問題を抱えていきます。それは神の子は洗礼を受けることによって人々に顕れたのであり、十字架の血を流すことによってではない、という意見でした。人間イエスとは区別される神の子キリストを信じる者が「神を知る者」であるという主張が起こってきたのです。
ヨハネの手紙は、こうした主張に対して「イエスが肉なる人として来た」こと(4:2)、十字架で血を流したこと(5:6)等をあらためて語っています。それは、信じている内容が観念的になっていく傾向に対して、信じている内容が生活に活きているかを問うことでもあったのです。「神の掟を守る」「イエスが歩まれたように自らも歩む」といった表現が繰り返し述べられます。他方で、人間としての弱さをも知っており、全体としてどこへ向かおうとしているかを大事に考えています。

執筆場所と年代
諸説ありますが、ヨハネによる福音書(90年代)以降、遅くとも120年以前の110年ころとされます。シリアとパレスティナの境界、親ユダヤ政策をとっていたヘロデ・アグリッパ2世の領土であるという説が有力です。