聖研:ヨハネの手紙一3章

Home / 聖書研究 / 新約 / ヨハネの手紙一 / Archive by category "聖研:ヨハネの手紙一3章"
2016年1月06日聖書研究

2016年1月06日聖書研究

ヨハネの手紙一3章11~24節

 ヨハネの手紙一3章1節には「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさいそれは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです」と記されています。そして、その光に照らしだされて、それが兄弟姉妹同士の愛へと波及します。「兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまずきがありません」(2:11)。ここでもう一度、「互いに愛し合うこと、これがあなたがたが初めから聞いている教えだからです」(3:11)と記されます。相互の愛は共同(コイノーニア)の基礎です。「交わり」の原語ですが、ギリシャ語では17節・19回使用されています。「交わり」は 当時の古代ギリシャ語では、商売関係を表す用語であり、共通の利害・パートナーなどの意味合いを持っていました。教会におけるコイノーニアとは、具体的な援助であり、キリストの共有です。実践的で、かつ福音の本質を土台としています。本来のコイノーニアの土台あってこその交わりであることを改めて思わされます。
11節から、著者の視点が共同体内の「交わり」に強調点がはっきりと移ります。カインに対する言及は、いささか図式的で、創世記に書かれている範囲を超えています。教会内の言い伝えのようなものに基づいているのかもしれません。いずれにせよ、殺人を引き起こす「憎しみ」は愛の掟を心にとめることができなくなった結果であることを示そうとしています。「愛すること」はいのちを与えることであり、憎しみはいのちを奪うことです。私たちが生きている社会は「いのちを奪う」現実に覆われています。そうした循環の中で、共同体はいかに歩むことができるのでしょうか。「わたしたちは自分が真理に属していることを知り、神の御前で安心できます。…神は、わたしたちの心よりも大きく、すべてをご存じだからです」(3:19、20)。信頼の根拠は私たちの側にあるのではありません。そうではなくて、「確信」はイエスの道筋についていくことにあるのです。神は私たちの良心や罪悪感、意識よりも大きい方であり、それらをご存じだからです。

2015年12月16日聖書研究

2015年12月16日聖書研究

ヨハネの手紙一3章1~10節

 聖書は神の愛について書かれている、と考えられています。放蕩息子のたとえ(ルカ15:11~32)、あるいは山上の説教など。しかし、実際に「神の愛」そのものを語っている個所は多くはありません。ヨハネ3:16をはじめとして、ヨハネ文書には「神の愛」が繰り返し語られています。それがヨハネ福音書、そしてヨハネの手紙の特色のひとつでもあります。そして新約聖書の福音のメッセージを要約しているということもできます。その「神の愛」は特に教会へと向けられています。信仰者の共同体は自分たち自身に何かのいさおしがないにも関わらず、神の愛が知らされています。教会は何より神の愛が受け取られ、また受け入れられる真の活動の場なのです。
そこでは信仰者は「イエスのことをありのままに見る」と語られます。福音書に記されているように、イエスの弟子たちはイエスの活動を目の前で見ていたのでした。しかし、ヨハネの福音書の語るところによれば、同じ時に生きていた人たちがまさに「イエスのありのままの姿」を見ていたわけではありませんでした。イエスの死後、その復活の出来事を通して彼らはイエスの真の姿を知ったのです。ここで「私たちは彼に似た者になる」という約束が新たにイエスを生前に「見た」ことがない一人ひとりにとっても大きな約束となります。それは神の愛という賜物の結果として、一人ひとりが神の子であることを受け止めるからです。
しかし、そのような者たちの中にも「罪」の問題が明らかにされます。キリストの救いは罪からの清めであり、本当の自由です。罪は神から私たちを遠ざけ、神の子である自由をうばうものです。シャローム、神から与えられた愛と十全な生の充実を知る私たちは、逆にこの社会がいかに多くの不法に満ちているかを知らされている者でもあります。
悪魔は神の働きを無効であるとする力のことでしょう。いつの時代にも「神の前にある」、自由にされている自らよりも信じることから離れる力が働いているのです。