聖研:ヨハネの手紙一5章

Home / 聖書研究 / 新約 / ヨハネの手紙一 / Archive by category "聖研:ヨハネの手紙一5章"
2016年2月03日/10日聖書研究

2016年2月03日/10日聖書研究

ヨハネの手紙一5章6~21節

人間は「からだとこころ」をもって生きています。聖書では、それを神は人間を「土のちりで造り」、「命の息を吹きいれられた」と記しています。からだをもっていることは、人間の有限性、もろさ、弱さを表しています。同時に「こころ」があることは、人がいつでも自由に、応答して生きる人格をさしています。呼べば応える、そのような語りかけ、応える関係は愛の関係です。「愛の反対の言葉は無関心」と言われる通りです。人は神の愛の内に生きる者として造られました。人は愛を強制されることなく、自由に応答する者とされました。自由の中に責任を担って生きること。

しかし、いつしか人はその自由を神と向き合い、応答することではなく、自分を絶対化し、不当に要求し、神から背を向けるあり方をするようになったのです。聖書ではこれを「罪」と言っています。

「罪」という言葉は、もともと「的はずれ」という言葉でした。イエス時代の律法学者たちが陥っていたのは、「正しい」ということゆえに、隣人を忘れた「的はずれ」なあり方でした。それは、律法(習慣・伝統・常識・世間の目)を守っていても、自由に愛をもって隣人と生きるということからすれば、やはり「罪」なのです。「間違いを犯していない」、しかし愛の内に応答して生きてはいないのです。

永遠のいのち

 「イエスがメシア(救い主)であると信じる人は皆、神から生まれた者です」(1節)と記されていました。私たちは、イエス・キリストを通して、神が私たちを愛しておられることを知りました。そして、イエス・キリストの生涯を通して、神の愛に応答して生きるあり方を示されました。死は「罪の結果」だと受け取られてきました。しかし、イエス・キリストを信じて歩むとき、私たちは罪ゆるされ、愛の内に生きる者となります。罪ゆるされて、神と共に永遠に歩むことを「永遠のいのち」と言います。それは、罪の結果の死ではなく、永遠の主のもとにあるあり方なのです。死は希望を断つのではなく、永遠のいのちへとつながるものです。

2016年1月27日聖書研究

2016年1月27日聖書研究

ヨハネの手紙一5章1~5節

神の子どもであること
 「イエスがメシア(救い主)であると信じる人は皆、神から生まれた者です」(1節)。私たちはふだん、自分は親から生まれたと考えています。それはごく当然のことです。ただ、私たちはそうした「自然の営み」の中に「サムシング・グレート」を感じることがあるのではないでしょうか。それは、自分が「自分だけで生きている」ことから、「創られた者」としてある、という思いへの転換です。
 イエス・キリスト自身も、世間から見捨てられ、神にも呪われているとさえ言われた人々のところを訪ね、癒してまわり、そういう人々を弾圧していた当時の宗教者たちと対立しました。十字架に架けられるときにすら、ゆるしと敵を愛する心を示されました。そのようなイエス・キリストのご生涯は、「本当に、この人は神の子だった」という思い、「信仰告白」を与えました。それは、イエス・キリストが示された愛と自己犠牲の生と死において、神の姿があらわされているからです。神は高きにいます方であるのではなく、私たちのところで、ともに生きて働いておられる方なのです。
 そして、イエス・キリスト以外の人間、イエス・キリストを「救い主」と告白する人もまた、「神の子」と呼ばれます。
 「言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」(ヨハネによる福音書1章11~12節)。
 「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実そのとおりです」(ヨハネの手紙一3章1節)。
 それは、私たちに何か特別な能力があるとか、よい人だからということではありません。イエス・キリストを信じることによって、自分が「神から生まれた者」であることを受け入れる。そのことによって、神との新しい関係が始まるのです。神の前に生きようとする生が始まります。それは、イエス・キリストのあり方をまねることでもあります。私たちを縛っているあらゆるもの・思い込みや考え方からの解放のときでもあります。