お知らせ2017年

Home / お知らせ / Archive by category "お知らせ2017年"
予告

予告

<予 告>

○各委員会:7月2日(日)礼拝後
○定例長老会:7月9日(日)礼拝後
○CS夏期学校:7月29日(土)14:00~20:00
○教会全体修養会:7月30日(日)礼拝後
 主題:「リビング・ウイルとは?(わたし達はどんな死に方をしたいのか?)」
 講師:島田宗洋氏(梅ヶ丘教会員、救世軍清瀬病院名誉院長)

2017年6月18日(日)主日礼拝説教

2017年6月18日(日)主日礼拝説教

2017年6月18日(日)聖霊降臨節第3主日礼拝説教
青年月間特別礼拝Ⅰ
説教「たった、それだけで」増田琴牧師
聖書:マルコによる福音書14章3~9節

※青年会奉唱の動画はこちらからどうぞ
 2017青年月間特別礼拝Ⅰ

※再生するには▶をクリックしてください。

聖書朗読:
聖書ファイルダウンロード  ダウンロードできず再生されてしまう場合は、ボタンを右クリックして保存してください。
 
説教:
説教ファイルダウンロード  ダウンロードできず再生されてしまう場合は、ボタンを右クリックして保存してください。
 
青年会奉唱「新しい命」:
新しい命  ダウンロードできず再生されてしまう場合は、ボタンを右クリックして保存してください。
 
青年会奉唱「King Of My Heart」:
King Of My Heart  ダウンロードできず再生されてしまう場合は、ボタンを右クリックして保存してください。
 
青年会奉唱「もう一つの実を望まれ」:
もう一つの実を望まれ  ダウンロードできず再生されてしまう場合は、ボタンを右クリックして保存してください。

ペンテコステのお花

ペンテコステのお花

ペンテコステ礼拝 講壇の花
IMG_1154

ペンテコステは、クリスマス・イースターと並ぶキリスト教の三大祝日のひとつ。イースターから50日目に、神様が、復活して天に昇られたイエス様の代わりに聖霊を与えてくださったことを記念します。教会の誕生日でもあります。鳩・風・炎などがシンボルとされます。
聖霊が赤い舌のように降るイメージをグロリオサで表現しました。勢いのある葉には、風が見えるかのようです。
赤いドラセナをベースの周りに燃え上がる信仰の炎のように配置しました。赤いバラ、百合、アルストロメリアは、情熱的な信仰者たち。
教会学校で用意した、炎をモチーフにしたリボンのコサージュや聖句を添えた鳩の形のサブレーと共に、ペンテコステの日を彩りました。

2016青年月間特別礼拝Ⅱ

2016青年月間特別礼拝Ⅱ

■2016青年月間特別礼拝で青年会で歌ったゴスペルの動画をアップしました。
2016年6月26日(日)

「Rain Down」

「One Way」

「You’re My All In All」

5/3の聖研祈祷会は休会します

5/3の聖研祈祷会は休会します

5月3日の聖研祈祷会は休会します。
毎月第一水曜日に行なっている夜の祈祷会も、3日ではなく、10日に行います。

伝道師就任式のご案内

伝道師就任式のご案内

友野富美子伝道師就任式
2017年4月16日(日)10:30
経堂緑岡教会では、今年4月から、友野富美子伝道師をお迎えしました。
4月16日イースター礼拝において、伝道師就任式を行います。
思いを新たに、教会の歩みを進めていきたいと願っています。
主の祝福をお祈りください。

2017社会福祉講演会

2017社会福祉講演会

「教会とインクルージョン(包み込み)」
2017年3月19日(日) 12時45分~15時
お話:鈴木文治さん(日本キリスト教団桜本教会伝道師 田園調布学園大学教授)

当日のレジュメです。
2017-03-19-kouenkai-1

2017-03-19-kouenkai-2

2017-03-19-kouenkai-3

(以下は案内文)
2014年に日本は「障害者権利条約」を批准し、昨年4月には「障害者差別解消法」が施行されました。しかし、あらゆる人を排除しないインクルーシブな社会の実現に向けて、一層の取り組みを進めていこうという矢先の7月26日、神奈川県にある障害者施設「津久井やまゆり園」で大変痛ましい事件が起き、19人の尊いいのちが奪われました。「障害者はいらない」などという優生思想に基づいたヘイトクライムでした。日本の社会は、本当にインクルージョンを実現できるのか、という大きな課題に直面しています。
その問いは、教会にも向けられています。私たちはどんな人も排除しない共同体たり得ているでしょうか。
今年の社会福祉講演会では、学校教育の現場で長くインクルージョン教育をめざして実践し、また教会と地域で障害者もホームレスも共にあるあり方をめざして取り組みをかさね、提言を続けておられる鈴木文治さんを講師にお招きします。私たちが、これから、教会で、地域で、どんなことができるか、していったらよいか、鈴木さんのお話を通して、ご一緒に考えていけたらと思います。
どうぞご参加ください。

講師紹介 鈴木文治(すずきふみはる)さん
  1948年長野県生まれ
  出身大学 中央大学法学部、立教大学キリスト教学科
  川崎市立中学校、神奈川県教育委員会、県立盲学校長、県立養護学校長
 <著書>
  『インクルージョンをめざす教育』『排除する学校』(明石書店)
  『ホームレス障害者』『閉め出さない学校』(日本評論社)
  『インクルーシブ神学への道』(新教出版)  他

 
※ 社会福祉講演会は、当教会がクリスマスに献金を捧げている団体等と具体的に連帯するため、その団体の中から講師をお招きしてお話をしていただいているものです。どなたでもご参加いただけます。

※ 当日は、礼拝説教もご担当してくださいます。説教題「神がひととなった」

※ 礼拝後に昼食の用意がありますので、どうぞ礼拝に引き続きご参加ください。